時間はないけど、本は出版したい!個人の想いを解決する3つの方法

※商業出版を検討している方向けの記事ではございません

 

 

<あなたの心の声>執筆したい人の心境

 

上記の心の声に似た事を考えている方に、共通してお伝えできるのが、、、

 

99% 出版を実現する事ができません

 

それは ” 出版する必要性に迫られていないから ”です。

 

いきなり厳しいことをお伝えしてしまいましたが、これが現実です。

 

仮に、今すぐ取り掛かりたくても、何からはじめて良いかわからずネットで検索して、見様見真似で着手するも、よくわからずに結果、断念するケースが圧倒的に多いのが現状です。

 

企画のたたき台まで作ったとしても、出版社側に断られてしまえば、また企画をブラッシュアップしアプローチをする。

そんなラットレースのような状態を永遠に続けれる人は、中々居ないかと思います

 

では、どうすれば良いのでしょうか。

以下で解決策をお伝えしましょう。

 

出版を実現する為の3つの方法

出版を実現させるのであれば、以下のどれかを選択する必要があります。

 

  1. 電子書籍(Kindle)で手軽に出版
  2. 出版セミナーに通いつめて出版
  3. 出版社にサポート依頼をして出版

 

商業出版で本を出せない限りは、上記の中のどれかが有効手段となります。

1つ1つ解説しますね。

 

①電子書籍(Kindle)で手軽に出版

現代は個人でも簡単に出版することが可能となりました。

特に手軽にできる出版方法として断然人気なのがAmazonのkidleでの出版です

ただ、電子書籍のニーズがコミックに偏っていて、誰でも出版できることが大方知られており、電子出版自体の価値があまり高くないのが懸念点です。

 

②出版セミナーに通いつめて出版

”元大手出版社編集長の〇〇さんがやっている出版セミナー”みたいなのが、これにあたります。

実際受けたことがないので、受けた方からお聞きした情報にはなりますが、いくらかの費用をお支払いしながら、出版する為のノウハウを学んでいく流れとなります。

時には怒鳴られたりするようなハードな指導者の方もいてるみたいなので、事前情報を調べてから行かれることをおススメします。

 

③出版社にサポート依頼をして出版

本の出版を専門としている出版社であれば、自分が出したいジャンルに合った出版社を選ぶことが先決です。

サポート内容やかかる費用など、ご自身の条件に合う出版社が理想的ですが、HPからではわかりにくい出版社が多いので、ここが良さそうと思えた出版社が見つかれば、まずは問合せしてみることをおススメします。

弊社では、”どのような書籍にしていくのか?”といった企画立案の段階から、1on1でしっかりお話しさせていただき、著者さまに合ったサポートプランをお選びいただけます。

 

また弊社の出版方法が従来の方法と違っており、画期的な方法を採用しておりますので、気になる方はぜひ、下記ボタンから詳細をご覧いただきお問合せください。

 

\ 企画立案から相談できる /
詳細情報を見に行く

 

 

関連記事:【初心者必見!】令和時代に求められるハイブリッドな本の出版方法とは

 

いかがでしたでしょうか?

他にもいくつか手段もあるにはありますが、難易度が高いのもあり、おススメできるものではありませんので

時間がないけど、出版したい方は上記の中から選択してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事:本の出版企画書の考え方を徹底解説|企画に必須な5大要素とは?

>執筆ドットコム|BookTripオウンドメディア

執筆ドットコム|BookTripオウンドメディア


本の企画ってどうやって考えるの?と疑問に感じる事はありませんか?WEBで色々手法は書かれていますが、初めて取り掛かる方にとっては難しい内容ばかり。。
BookTripでは、これまで300人以上の企画を考案してきた技術や資産をもとに、あなたに最適な企画を一緒に考案できるサポートを準備しております。

CTR IMG