本の執筆活動を取組む前に意識しておきたい執筆前の準備3カ条

先に結論からお伝えすると、本を執筆していくに辺り「正しい方法」はありません。
ただ、やり方や順序は違えど、選択する方法や考え方さえ間違えなければ、遠回りしたり迷い続ける時間はかなり短縮できます。(BookTrip編集部)

 

そろそろ本を執筆しようかな?と考えてはみるものの、なにから手を付けて良いかわからなくないでしょうか?

いきなり本を執筆するというのは、かなりハードルが高く、頭の中で本の構成ができている方でない限り、相当難しいかと思います。

 

当記事では、執筆活動に専念する為に、どのように考えを巡らせて準備していけば良いかを、一つ一つ解説致します。

 

前半部分では、他の著者様がどのように執筆に取組んでいるのかについてや、実際に執筆してから出版までの工数をご紹介します。

後半部分では、執筆前の準備3カ条を詳細に解説しております。

 

▶他の著者の執筆頻度
▶執筆を取組む上での心得
▶執筆に取組む前の準備

 

そもそも執筆って、みんなどんな風にやっているの?

書籍の新刊が年間7万冊発刊されているのをご存知でしょうか?

となると、毎日約200冊程度が新刊として発売されている事になります。

 

ペンヌ
こんなに発刊されてるんだね!

そうなると年間で、7万人の方が、執筆していることになります。

もちろん商業出版では、ライターの執筆が基本ですから、著者自らの執筆ではないにしても、人数でいうとそれぐらいの規模の人が毎年執筆しているという事実があります。

 

となると、みなさんどのように執筆されているのか気になりますよね?

弊社の著者様にアンケートを取ると、以下のように執筆している事が判明しました。

 

  1. 1週間に一度、執筆時間を確保し、ひたすら頭の中の文字をキーボードで打ち込む
  2. 毎日、執筆時間を確保し、その時間はわき目もふらず一心不乱にキーボードを打ち込む
  3. 収録したセミナー音声をもとに、音声入力しながら原稿を書き起こし、その後、編集作業
  4. 1月に1日~2日の時間を確保し、ホテルに籠ってひたすら頭の中の文字をキーボードで打ち込む

 

上記から見てもわかる通り、ひたすらご自身と向き合ってキーボードもしくはスマホに入力していくしか、進む道はありません。

 

ペンヌ
やっぱりそうなんだね。。(トホホ)

 

これは、山登りとも似ているのですが、一歩一歩着実に、歩みを進めると必ずゴールに到着できますが、ゴールまでの道のりが、山によっては険しかったりします。

 

本の執筆も、みなさん同じような感覚でされている方が大半なので、事前に知っておくだけでも、少しは心の準備はできるかと思います。

 

執筆~出版までの工数ってどれぐらいかかるの?

例えば、

「映画を自分で制作してみよう」と考えてもらえればわかりやすいかもしれません。

 

最低限の工数として以下が考えられます。

 

  • ①企画立案
  • ②シナリオ構成
  • ③スタッフ・キャストの採択
  • ④スケジュール
  • ⑤映像撮影
  • ⑥映像編集
  • ⑦完成

 

少なく見積もっても映画を制作するだけで、こんなにもしなくてはいけないことがあるんです。

本の執筆から出版も、同じようにかなりの工数がかかり、映画制作と似ている部分も多いので、簡単にですが、いかに大変かがお分かりいただけたかと思います。

 

こんな大変なの1人ではできないよ、、と思われている方、ご安心ください。私もできる自信がありませんww

 

ペンヌ
じゃあ、どうすれば良いの?

 

それは ” 執筆前の準備をやりきること ”です

下記で詳しく説明しますね。

 

今すぐできる!執筆前の準備3カ条

執筆に取組むに辺り、まず、下記の3カ条を決めていきましょう。

 

  1. どんなジャンルやテーマで執筆するのかを決める
  2. 決めたジャンルやテーマの情報収集
  3. 収集した情報をメモし、習慣化する=執筆時間の習慣化

 

詳しく説明しますね

1.どんなジャンルで執筆するのかを決める

まずは、小説なのか、専門書なのか、エッセイなのか、一般向けの書籍なのかなど、どのような方向けの本なのかを決めていく必要があります。

その中でも、選んだジャンルのどんな内容(テーマ)なのかを決めていく必要があります

 

2.決めたジャンルやテーマの情報収集

① で決めたジャンルやテーマに基づいて、類書でどんな本が出ているのか、エッセイであれば自身が書きたいテーマについて情報収集しましょう。

今ではWEB、SNSなどでいくらでも収集することが可能なので、通勤中の行き帰り時間やお昼休みの時間などを活用して、周辺情報について色々と触れてみてください。きっと色んな発見がありますよ!

 

3.収集した情報をメモし、習慣化する=執筆時間の習慣化

②で関係する収集した情報で、気になった箇所はとにかくメモする!そして後から関係する情報同士をまとめて、カテゴリー化しておきましょう。(←後々役立ちます)

メモする習慣を保つことによって、自身の中で執筆することの優先順位を高く保ち、出版する準備を日々の生活から整えていきましょう!

 

 -ポイント-
※ここで重要なのは、現段階ではアバウトな情報で問題ないです
※どんな情報を届けたいのかをメモなどにアウトプットし、方向性を固めていく期間と捉えてください

 

ペンヌ
これなら僕でも出来そうかも!

 

まとめ

いかがでしたか?

この時点で、ちょっと自分には荷が重いなぁと感じられた方もいらっしゃるかと思います。

そのような方は、日々、お仕事や家事などで、ご自身の時間を保つことが難しいと感じられているかとおもいます。

執筆前の準備から出版までは、最低でも1年は必要かと思います。

もっと短いスパンで出版を実現できる方法はないの?と思われている方は、下記記事にヒントが書かれていますのでよければ御覧ください。

 

時間がないけど、出版したい方向けの記事掲載はこちら

 

BookTripでは、はじめて執筆に取り掛かる方をこれまで200名以上サポートさせて頂きました。

はじめて執筆に取り掛かる方というのは、大体どういった所でつまづいてしまうのかは決まっており、その対策も構築済みです。

 

もし執筆を考えている方は、企画の相談から無料でお受けしておりますので、ぜひBookTripまでお声がけ下さい。

 

 

ペンヌ
僕もさっそく執筆の一歩を踏み出してみようかな
>執筆ドットコム|BookTripオウンドメディア

執筆ドットコム|BookTripオウンドメディア


本の企画ってどうやって考えるの?と疑問に感じる事はありませんか?WEBで色々手法は書かれていますが、初めて取り掛かる方にとっては難しい内容ばかり。。
BookTripでは、これまで300人以上の企画を考案してきた技術や資産をもとに、あなたに最適な企画を一緒に考案できるサポートを準備しております。

CTR IMG