※商業出版を検討している方向けの記事ではございません。

※記事投稿:BookTrip編集部

 

そろそろ本を執筆しようかな?と考えてはみるものの、なにから手を付けて良いかわからなくないですか?

いきなり本を執筆するというのは、かなりハードルが高く、頭の中で本の構成ができている方でない限り、相当難しいかと思います。

 

例えば、

「映画を自分で制作してみよう」と考えてもらえればわかりやすいかもしれません。

まず、

①企画立案
②シナリオ構成
③スタッフ・キャスト
④スケジュール
⑤映像撮影
⑥映像編集

⑦完成

 

少なく見積もっても映画を制作するだけで、こんなにもしなくてはいけないことがあるんです。

 

本もかなりの工数がかかり、映画制作と似ている部分も多いので、いかに大変かが簡単にですが

お分かりいただけたかと思います。

 

こんな大変なの1人ではできないよ、、と思われている方、ご安心ください。私もできる自信がありませんww

 

じゃあ、どうすれば良いの?

 

それは ” 執筆前の準備をすること ”です

下記で詳しく説明しますね。

 

今すぐできる!執筆前の準備3カ条


まず、下記の3カ条を決めていきましょう!

 

1.どんなジャンルやテーマで執筆するのかを決める

 

2.決めたジャンルやテーマの情報収集

 

3.収集した情報をメモし、習慣化する=執筆時間の習慣化

 

詳しく説明しますね

 

1.どんなジャンルで執筆するのかを決める

まずは、小説なのか、専門書なのか、エッセイなのか、一般向けの書籍なのかなど、どのような方向けの本なのかを決めていく必要があります。

その中でも、選んだジャンルのどんな内容(テーマ)なのかを決めていく必要があります

 

2.決めたジャンルやテーマの情報収集

[1]で決めたジャンルやテーマに基づいて、類書でどんな本が出ているのか、エッセイであれば自身が書きたいテーマについて情報収集しましょう。

今ではWEB、SNSなどでいくらでも収集することが可能なので、通勤中の行き帰り時間やお昼休みの時間などを活用して、周辺情報について色々と触れてみてください。きっと色んな発見がありますよ!

 

3.収集した情報をメモし、習慣化する=執筆時間の習慣化

[2]で関係する収集した情報で、気になった箇所はとにかくメモする!そして後から関係する情報同士をまとめて、カテゴリー化しておきましょう。(←後々役立ちます)

メモする習慣を保つことによって、自身の中で執筆することの優先順位を高く保ち、出版する準備を日々の生活から整えていきましょう!

 

-ポイント-
※ここで重要なのは、現段階ではアバウトな情報で問題ないです
※どんな情報を届けたいのかをメモなどにアウトプットし、方向性を固めていく期間と捉えてください

 

いかがでしたか?

 

この時点で、ちょっと自分には荷が重いなぁと感じられた方もいらっしゃるかと思います。
そのような方は、日々、お仕事や家事などで、ご自身の時間を保つことが難しいと感じられているかとおもいます。

執筆前の準備から出版までは、平均でも2年は必要かと思います。

 

もっと短いスパンで出版を実現できる方法はないの?と思われている方は、下記記事にヒントが書かれていますのでよければ御覧ください。

 

※時間がないけど、出版したい方向けの記事掲載はこちら